税理士・会計士になるための最短のルート

大学受験は1浪までで切り上げよう

税理士、会計士などの資格試験の勉強は少し特殊です。高校3年間で受験勉強

してきた人は勝手が違うので戸惑うことになります。

そもそも資格をとるルートもよくわからない、なんとなく長期戦になるといった

情報しかわかりません。私もそうでした。

そこで、高校生は1浪までと決めてまず大学受験を突破する必要があります。

これは文系志望で2浪、3浪と重ねても資格試験の入り口にすらたどり

着けず、下手すると燃え尽き症候群で、大学入るなり全く勉強しなくなる

人もいるからです。

文系の大学受験は医学部と違って浪人を重ねればよいというものではありません。

文系の資格を取るために大学受験浪人をするという意識はほとんど誰にもない

と思いますが、結果的にはそれをすることでかなりの回り道になるのです。

むしろ、志望校にあと一歩及ばなかったくらいの人の方が、その後のハングリー精神が

維持されて資格への原動力となることがあります。

受験資格の概要を熟知する

税理士で一番オーソドックスなコースは文系で大学3年から目指すことです。

これは、税理士志望なら一般教養科目の法律学、経済学の単位を1科目以上履修すること

かつ、大学3年生以上で62単位以上取得していないと受験資格がないからです。

文学部に通う場合は、法律学、経済学の単位の履修を忘れないようにしないといけません。

会計士の場合は受験資格が撤廃されたのですぐにでも受験できます。

近年高校生、高卒でも受けれますが監査法人は学歴社会なので大学へは進学しましょう。

学部は文系にしよう

高校生は文系、理系で迷いますが、理系は大学入学後の忙しさが段違いです。

実験もレポートもあるし、文系のようにヒマではないのと、実験をしてると

なんとなく研究職という専門職の仕事につけるのかと錯覚してしまい、

資格に目がいきません。医歯薬以外の理系に行っても資格は何もとれません。

税理士の受験資格を知らない人も多く、税理士、会計士受験している人はごくわずかです。

1~2年で単位を取り切り、3年からほぼヒマで4年生はゼミのみになる文系が

一番勉強時間がとれて最適です。

大学院へ進学しながら受験がお勧め

大学在学中に合格する人は少ないので、その後の進路になりますが、大学院に

進学しながら資格試験を受けるのがお勧めです。

もし、上手くいったら途中で大学院を退学して監査法人に就職すればいいだけの話です。

実際にそれを早稲田会計大学院でやっている人を見たことがあります。

大学院進学については様々な意見がありますが、行けるのなら行っておいた

ほうが進路の幅が広がるでしょう。

ただし、一般就職をする場合は文系の大学院を出ると行ける企業は10分の1くらいに

減ります。いまだに企業が文系の院卒を採りたくないからです。

資格試験浪人は企業から嫌われる

そして卒業する時までまだ取れていない場合は、就職しながら受験か、資格試験浪人

のどっちかを選択することになります。

就職しながら受験を選んだ人で受かる人はほとんどいません。税理士、会計士とも

かなりヘビーな資格なので両立するなんてよほど困難なのです。

かといって資格試験浪人をすると最短ルートではありますが、今度は企業から社会復帰

する時に嫌われてなかなか入れてくれません。

どちらを選ぶか、ここらへんは一種の賭けとなります。

リスクを回避する人たちを見て

早稲田会計大学院を出る時、ほとんどの人は就職していきました。

歳が若ければ若いほど。その中にはリスクをとれば十分会計士や税理士が取れる

能力のある人たちがたくさんいました。

その時、分析したのですが、小利口な人ほど目の前の試験に落ちるとわかるので

回避するんです。試験に落ち続ける未来より、企業への就職の方が

はるかに確実で盤石な未来が待ってます。つまりなまじ頭が良いと

リスク回避行動をとるのでリスクをとれないのです。

資金力も学力も資格へ向かう勢いも全部あるのにもったいないと思いました。

逆に、猪突猛進して砕け散る覚悟で試験にぶつかる人の方が長い目で見て

結果を出していました。

試験に落ちる経験はものすごく大事

試験に落ちる経験は実はものすごく大事なのです。

自分に足らなかったこと、悔しさ、無力感、屈辱感、そのすべてが次回へと

向かう糧になります。

はたから見て落ちるとわかっている試験に浪人して挑むのは馬鹿です。

逆説的ですがある意味試験は馬鹿にならないと受からないのです。

まとめ

このように最短ルートがあり皆ほうぼう手をつくしてやっています。

ですがやはり遠回りをしている人も多くいます。

友人が大学院に行っているのに自分は行かなかったり、その結果思わぬ不調で

試験が長引いてしまったりと、そういう人たくさんいました。

結局はどこかで腹をくくってリスクをとる行動をしないと資格は手に

入らないと思います。今は資格を高校生から考えてもいい時代だと思います。

大学への進学が資格へと直結するのなら、一刻も早く進学する必要があるでしょう。

その前に、何の資格をとりたいかをちゃんとよく考えましょう。

MS-Japan

最近の出来事

朝からトイレ掃除をしました。サンポールも使ってやったので結構時間がかかりました。

 

このブログが面白かったので

投げ銭してみる

<メニュー>

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました