リーダー、政治家になるにふさわしい人とは(俳優、コメディアン、軍人、諜報機関出身者を分析して)

俳優出身の政治家は意外と多い

一番有名なのがアメリカ合衆国のレーガン大統領です。

彼は私が子供の頃初めて見たアメリカ大統領で任期も長く、人気も高い政治家でした。

近年、「映像の世紀」によるとアカ狩りの時のFBIのスパイだったことが判明しています。

俳優上がりということで保守層からは軽く見られることもありましたが、

そのアメリカンジョークを使いこなす人柄で冷戦終結に尽力しています。

映画のバックトゥザフューチャーにも話題にのぼります。

未来から1955年に来た主人公に、メカニックのドクが

「未来から来たんだって?なら1985年の大統領は誰だ?」

と聞く場面があり、レーガンだと聞かされると

「ロナルド・レーガン? 俳優の?なら副大統領はコメディアンか?」

と、とても信じられないとジョークで返します。

レーガンは今では原子力空母ロナルド・レーガンに名づけられる栄誉が与えられ

(歴代大統領の中でも名君しか空母に名前がつけられません)

大統領としては格式が高いことが証明されています。

俳優上がりは生粋のたたき上げの政治家よりも大衆受けは良い

これは俳優という職業柄、スクリーンやテレビでしゃべる姿をいつも見ている安心感が大きいです。

日本でもアナウンサー上がりの政治家が多いのも知名度とその人のパーソナリティがある程度

認知されているからです。

もちろん、仕事上で見せる性格とプライベートでの性格は違うこともありますが

それでもいつも見ない知らない人よりは全然マシです。

俳優上がりの政治家達は、2世や3世の生粋のたたき上げの政治家達に

国会やアメリカ合衆国議会で囲まれることになります。

そうするとやはり、遠慮というものがあると思うのです。

プロ野球でもそうですが、球団を変えたら途中入社みたいになって相当気を使うと言っていました。

なので、生粋のたたき上げの政治家連中とは違ったタイプのリーダーになります。

たいていの場合、あまりタカ派にはならず、そう変なことはしません。

なのでみんな安心します。

今時の人であるウクライナのゼレンスキー大統領もコメディアンあがりです。

アーノルド・シュワルツェネッガーもカルフォルニア州知事をやってました。

一番怖いのは冗談が通じそうにない政治家、リーダー

軍人出身者や諜報機関上がりの政治家が一番怖いです。

あのヒトラーも軍人出身で、全く冗談が通じそうにない政治家でした。

今回のプーチンも諜報機関のKGB出身なので完全にタカ派です。

こういうタイプが暴走すると手がつけられません。

あの国は元々ウチのもの、と自分が正しいと思いこみでやってますので止められないのです。

強権支配的なリーダーも要注意

ボス猿的な性格のリーダーも長所、短所があります。

ある目標に向かって突き進むのに一丸となるためにはそういうリーダーの力が発揮されます。

しかし、その部下的立場にいるととんでもなく息苦しさを感じます。

俺の言うことを聞けとお山の大将なのですからたまりません。

中世の王様気分で振舞うので、周りは疲れます。

そこらの会計事務所でよく見れらる光景です。

政治家、リーダーは人気が必要

俳優やコメディアン上がりの政治家は人気はあります。人を楽しませる職業であり、

性格もわりとわかりやすい人が多いからです。

それに対して、不況打開や領土問題などから支持を得た政治家は、それに関しては人気は

あるのですが、性格的にはわからない部分も多く、怖い部分があります。

そして、突き進む傾向があるので本当に恐ろしいです。

おそらく、自分でもその怖さがわかってなくてやってるんじゃないかって思います。

中国の項羽も性格的に問題があったといわれている

1度は全中国を掌握した項羽(紀元前232年)

もリーダー、中国を統治する君主の器ではなかったと言われています。

彼にはリーダーとしての能力はあったのですが、それは軍事能力としてのリーダーであり、

政治家としては欠けていました。

彼は普通の人では不可能に近い立場から状況を打開するという、

他の人にはない意志の強さを持っていました。鉅鹿の戦いでそれがみてとれます。

しかし、中国を統治するにはあまりにも反乱を招きすぎる性格をしていて

(具体的にはえこひいきをし、手柄のないお気に入りの武将に恩賞を与えるので、それを見た手柄を立てた他の武将が不満を覚え反乱を起こす)、

とてもじゃないですが人民が安心して暮らす国は作れなかったのです。

まとめ

小さい組織も国という大きな組織もリーダーによってだいぶ変わってきます。

会社は上を選べませんが、国のリーダーは選べる国もあります。

その選んだ人間がどういう行動をするのか、ことと次第では

人類滅亡の危機に瀕することもあります。

リーダーを誰にするかってとても大事です。

編集後記

今起きている戦争が飛び火して大惨事にならなければいいのですが…。

前近代的な戦争で物事を解決しようとするのは無理があるような…。

前のWW1、WW2大戦も始まった時は誰もあんな大惨事になるって思ってなかったですから。

 

このブログが面白かったので

投げ銭してみる

<メニュー>

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました